SceneScene

食べる
鹿児島睦展

5月12日(土)~20日(日)、
自由が丘のalso Soup Stock Tokyoにて
「食べる 鹿児島睦展」を開催します。

  • 休日のスープストックトーキョーをテーマにした自由が丘のalso Soup Stock Tokyoで、「食べる 鹿児島睦展」と題して、陶芸作家の鹿児島睦さんとのイベントを開催します。鹿児島さんと一緒に作ったスープのための「スープの器」を手に取ってご購入いただける唯一のイベントとなります。オンラインショップで予約受付を実施した「白×紺」「白×グレー」の2色に加えて、イベント限定色として「青×紺」も数量限定で販売するほか、「スープの器」で食べるオリジナルメニューや、鹿児島さんのハンドメイド作品の展示・抽選申込も実施します。
    鹿児島さんが生み出す作品の魅力を「食べる」にスポットをあてて開催する9日間です。
    ※5/12、13は鹿児島さんも在廊予定です。(時間未定)

【食べる 鹿児島睦展】で
楽しむ・味わう・4つのこと

5/12~20 全日程

1. 「スープの器」の販売

「白×紺」「白×グレー」に加えて、イベント限定色の「青×紺」も数量限定で販売します。

「スープの器」の販売

左から「白×紺」「白×グレー」イベント限定色「青×紺」

■販売商品:スープの器「白×紺」「白×グレー」「青×紺(イベント限定色)」
■価格:3,850円(税込)
※「スープの器」についてはこちらをご参照ください。
※おひとりさま「白×紺」「白×グレー」は各4つ、「青×紺」は1つまでの購入とさせていただきます。
※商品には限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。
※販売状況は、Soup Stock TokyoのTwitterをご覧ください。

5/14、15、16、17 ※月火水木

2. 「スープの器」で食べるブランチセットの販売

平日のブランチタイムには、「スープの器」からインスピレーションを受けてうまれたスープをご用意します。「まるごとトマトの冷たいお椀」をはじめ、器の形や色をいかしたスープや、蓋にトッピングをのせて味の変化を楽しむスープなどさまざま。お好みを2種類選び、器と一緒に味わうセットです。

「スープの器」で食べるブランチセットの販売

スープ例:(左)まるごとトマトの冷たいお椀、(右)南瓜と鶏手羽のスリランカカレースープ

■セット名 :「スープの器」で食べるスープのセット
■セット内容:野菜の前菜、スープ(2種類)、石窯パンまたはキヌアご飯
■価格:1,450円(税別)

5/12、13、18、19、20 ※金土日 10:00~17:00

3. 鹿児島睦さんの雑貨販売

ZUAN&ZOKEIシリーズをはじめ、鹿児島さんがこれまでに作った雑貨類が一堂に会します。
品薄でなかなか手に入らないものから最新作まで勢ぞろい。鹿児島さんの朗らかなデザインは、暮らしを明るく軽やかにしてくれます。

鹿児島睦さんの雑貨販売

■販売予定商品 :「ZUAN&ZOKEI、LAPUAN KANKURIT、En Liten Vän、april、やさしいタオル、floro、書籍、他
※ラインナップは変更となる場合がございます。商品には限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

5/12、13、18、19、20 ※金土日 10:00~17:00

4. 鹿児島睦さんのハンドメイド作品の展示・抽選申込

今回のイベントのために制作した陶器のハンドメイド作品を展示・抽選販売します。
会期中にお申込みいただき、イベント終了後に抽選・販売を実施します。

■日程 :2018年5月12日(土),13日(日),18日(金),19日(土),20日(日)
■時間 :10:00~17:00
※おひとりさま3点までご応募いただけます。3点以上のお申込みが分かった場合、全てのお申込みを無効とさせていただきます。
※作品はイベント後に抽選となります。イベント中どの日程にお越しいただいても抽選結果には影響いたしません。
※当選された方へはメールでご連絡を差し上げ、振り込み確認後郵送とさせていただきます。


イベント概要とスケジュール

■期間 :2018年5月12日(土)~20日(日)
■開催場所 :also Soup Stock Tokyo
■開催時間 :月~木11:30~22:30、金土日10:00~22:30
※月~木は飲食営業と「スープの器」の販売。
※金土日は10:00~17:00にハンドメイド・雑貨・「スープの器」の販売、18:00より飲食営業。

スケジュール


デザイナー

鹿児島睦さん(Makoto Kagoshima)

鹿児島睦さん

陶芸作家。福岡生まれ。美術大学卒業。インテリア会社に勤めた後、福岡の自身のアトリエにて陶器やファブリック、版画を中心に製作。
動物や植物などをモチーフにした朗らかで独特な世界観が人気。

https://www.makotokagoshima.net/


↑